上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013122602.jpg

Xmasパーティー第二弾。
おなじみのメンバーで。
コストコで入手したさくら鶏1匹焼いてみた。
前回からチキン、チキンと書いているけれど、実は私チキンがあまり好きではない。
私はチキンのエキスを吸った一緒に焼いた野菜の方が好きだ。

T作の合鴨農法でお役御免となった鴨が美味しかった。

テーブルの写真、シマシマ&カラフルで目がチカチカする。

ノンアルコールになってしまったのが残念。
次回「もちつき!?」で???
だれかさんの提案でもちつきをするかも!?
杵と臼探し中。
スポンサーサイト
2013122601.jpg

いつも日曜日に行くコストコ。
すっごい人で思考が停止して、おなじみのキッチンペーパーとトイレットペーパー、その他フルーツや洋書ちょこちょっと買って来るだけであんまり活用出来ていない。
今回初めて雨降りの平日、朝イチから行ってみた。
相変わらずすっごい人だったけど、今回初めてコストコの肉と魚に挑戦。
事前にリサーチしたところサーモンとさくら鶏という鶏肉がおいしいらしい。友達とシェアしたけれど、結構な量がある。
早速その日はサーモンいくら丼。サーモンに目のないチビさん大喜び!
残りはマリネと西京漬と・・・それでもまだ残りそうと思っていたら一緒に行った友達から「完食したよ!」と。
小学生の男の子2人、保育園児の女の子の兄妹で、とにかく食べると言っていたけれど、まさか1日で完食するとは!!!
その、サーモンの味、みんなが言う通り美味しかった。
また買おう。
201121602.jpg

クリスマスパーティー第一弾。
保育園の友達とクリスマス鍋パーティー。

鍋で和な雰囲気だったので箸袋だけでもクリスマスっぽく。

2歳から11歳まで集まった。
小学生組が保育園児の面倒をみて、私たちは喋って飲んで、時々「たべてる〜?」と。
大きい子たちがすっごく面倒を見てくれてめっちゃ楽チン。
もうだいぶん育った大きい子が欲しい。と思ってしまう。

201121603.jpg

201121604.jpg

私が高校のときに始まったルミナリエ。
「ルミナリエは彼氏と行くもの」みたいな感じになっていたので、あまのじゃくの私は絶対行ってやるものかと思っていた。
しかも、なぜこの時期?わざわざ寒い中出かけていくようなものでもないとも思っていた。・・・とは今も思うけれど。そんなテンションなんで行く気になれば比較的行きやすいところに住んでいるにも関わらず今まで1度も行った事が無かったルミナリエ。

「あぁもうルミナリエの季節なんやなぁ。」とニュースを見ていたら「おぉぉ、こ、こ、これはっ!これ行きたい〜!!」と隣から。
一つくらい希望を叶えてやろうと、ヘルプに妹を誘って行って来た。
めちゃくちゃ寒い日に・・・。
「さっさと見せてあったかいものでも飲みに行こうよ」と大人二人は早く中に入る事を考えていたけど、ノリノリのこぶた一匹、見た瞬間テンションマックス。「まだ見る」となかなか動かなかった。確かにきれかった。
チビの背丈では見にくいらしく、ひさびさに23kg抱っこして歩いた。
おかげでよく見えたらしく、何度も何度もルミナリエの話をしていた。私は3日ほど筋肉痛を引きずった。
2013121601.jpg

ずーっとずーっと行きたかったクリスマスマーケット。
期待が大きすぎて、「ふ〜ん、こんなもんなんや。」で終わった。
けど、よく考えたら、お店をじっくり見た訳ではない。
会場まで、ずーっと喋って、会場でも喋ってホットワイン飲んでまた喋ってだったので、よ〜く見ていなかった。
何も買わず、(持ち帰りOKな)ホットワインのマグを持って帰って来ただけだった。
まぁ、数年来の夢が叶ってよかった。
Tちゃんお付き合いいただいてありがとう。
20131206.jpg

ドイツのクリスマスのお菓子、シュトーレン。
12月に入ってすぐに作ったけれど、クリスマスまで持ちそうにないので増産した。ドライフルーツやナッツ、スパイスの味がミックスされておいしい。
いろいろ試してみたけれど、あの味は再現出来ない。

あの味とは・・・、13年前に初めて食べたシュトーレンの味。
当時、私はイタリア人とドイツ人のハーフのおばさんの家にホームステイしながら学校に通っていた。
そのおばさん、結構強烈で、いや、今ならそうでも無いかもしれないけれど、日本でずーっと生まれ育った私には結構刺激的だった。
女性学と社会学かなにかの教授だった。
一人暮らしと聞いていたが、いざ行ってみたら、めっちゃでっかい&めっちゃ若い黒人と半同棲状態。
ちなみに娘は私と同い年とその上にもう一人いる。
私と同い年の娘は、この親にして・・・って感じで、何かの社会運動に参加したらしく、学校から帰って来たらおばさんが"She is in JAIL."ってさらっと、「は!?ジェイルって、あのジェイル!?」
娘が牢屋に入っているのにいつも通り。全く動じない。むしろ誇らしげ。
そして、そのおばちゃんのお母さん、90歳くらいに見えたけどもう少し若かったのかも?ヨボヨボだったのに、ある日いきなり家にやって来て、「明日からヨーロッパに旅行にいってくる!」と。
そして数週間後、税金を逃れるためこっそり鞄にチーズやチョコレートを忍ばせて帰って来た。テロ前だったので緩かったのだ。

そんなユニークな一家と9月から翌年の1月まで一緒に暮らした。
10月ハロウィン、11月サンクスギビング、12月クリスマス!忙しい。イベント盛りだくさん&この時期ならではの食べ物もいっぱい。

ラッキーな事に一緒に住んでいいるのはイタリアとドイツとインドの文化持ち。美味しい料理とお菓子の国だ。
そして料理好きで食材にうるさい。
普通のスーパーでは絶対買い物をしない。
毎週日曜日にファーマーズマーケットに買い出しにいくのだ。その他はオーガニックスーパーに行く。だから、食はアメリカなのに豊かだった。
一緒に暮らした数ヶ月間、毎週、おばさんと、おばさんの彼氏と一緒にファーマーズマーケットに通っていた。

11月の終わりに「シュトーレン作るよ」と大量のレーズンを買って来た。
シュトーレン???初めて聞いた。

完成したパウダーシュガーまみれのブドウパンみたいなのを見てちょっとがっかりした。
ブドウパンのレーズンだけほじくってパンだけ食べていたくらいレーズンが大嫌いだったのだ。
まぁ、でもしかし、話の種にと食べてみた。ら、めちゃくちゃ、本当に、感動的に美味しかった。

ぎっしりレーズンは入っているけれど、私が嫌いなネチャネチャした質感が無くて味も美味しい。あっさりしたグレーンレーズンを使ったとの事。
美味しい、美味しいと食べていたら、おばさんがその後何度か焼いてくれて、クリスマスまでほぼ毎日食べた気がする。
おばさんのおかあさんはイタリア人なので、イタリアのクリスマスのお菓子、パネトーネとパンドーロも作ってくれた。私の2000年の12月はイタリアとドイツ祭りだった。

それ以来レーズンは克服して、今では私が毛嫌いしていた茶色いやつでも食べれる。

最近ではパン屋さんで売っているし、シュトーレンのレシピも検索したら沢山ある。それで、何度か買って食べてみたり作ってみたりするのだけれど、あの味にならない。
最初の衝撃も手伝ってすっごく美味しく感じたのだろうけれど、「もう一度あのシュトーレンを食べたい。」と毎年この時期に思う。

メールアドレスも分からず、名前も忘れてしまった、唯一、住所だけ分かるのだけれど、宛名無しで手紙を送るわけにもいかず、こうなったらもう一度あの強烈なおばさんを訪ねていくしかないなぁ。
いつか、私もおばさんも年を取りすぎる前に再会したい。
20131209.jpg

寒い。ほんとうに寒ーい。と言っているのは私だけなのだけど、私は本気で寒い。
「中古のマンションを買って好きなようにリノベーション!」
好きなようにやったので立地以外(そこ重要ですが・・・)無いけれど、好きなように出来なかったところが一つある。
それはサッシ。
マンションのサッシは共有部分になる為、自由に替えられないのだ。
サッシだけが建った当時のまま古い。
という事は、今の新築マンションのようなペアガラスではない。結露もすごい。そして断熱性に優れていない。
寝ている間は暖房を消すので、夜中寒い。顔が、特に鼻が寒い。堪え難い。
二重窓にしようかと見てもらったが取り付けが難しい設計らしい。

同じマンションの友達が「見た目なんて気にしてられない。窓にプチプチを貼ると大分違うよ!」と教えてくれた。

プチプチなぁ・・・。と数週間考えたが、このままでは、凍死するとついにやってしまった。

外が見えない。もやもやしてる。
外から見たら格好悪いだろうなぁ。

でも、なんか部屋の空気が違う気がする。
プチプちくんがんばってくれ!!

ちなみに立地。
2チャンネルでは「車が無いと生きていけない地域」とか言われている。
車無しでもどうにかこうにか生きてます!!
山の上に建っていて戸数分駐車場が無いなんてどういう事か!?
駐車場の順番待ち、私たちは50番目。1年に2つくらいしか動かないらしい。
単純計算すると、順番回って来るのは25年後。
ふふふ、25年、そんなに待てない。
『眺望良好』要注意な言葉です。

2013120102.jpg

「Gingerbread boys 作ろうよ!」
「今度のお休みの日Gingerbread boys 作るんやんな?」
「いつ、保育園お休み?Gingerbread boys 作ろな!」
と先週の月曜日からカウントダウンが始まっていたジンジャーマンクッキー作り。

待ちに待った土曜日、材料を買いにいく途中、偶然会った保育園の友達とその子のお兄ちゃんと一緒にワイワイ作った。
アイシングで顔を描くのは4歳、8歳の子どもには難しい。
でも、顔無しだとあんまりかわいくないしと思っていたら、顔が型押しされるクッキカッターを発見。
汚れず簡単に顔が出来る!

ハンドミキサーで混ぜたり、卵を入れたり、「順番に!」って言ってもなかなか上手く行かないちびっ子同士のクッキング。
キッチンタイマーが役に立つ。30秒交代!と決めてセット、ピピピッとなると素直に交代する。
2013120103.jpg

最近、ちびっ子が、すっごくすっごくいい子になった。

★食事中「食べれんかったら残しといて」と言うと「明日の朝ご飯無くなるから食べるわ」と。
おぉ!!ごはん残したら次のごはんは作りませんルールが定着したか!?

★寝る前にすべてのおもちゃを片付ける。
片付けなかったら、おもちゃは捨てますルール、これも定着したのか!?

★夜も比較的早く寝るようになった。
暖めたら眠くなるらしい。と言う事を発見して以来、お風呂はさらに長風呂に、寝室はかなりポカポカにしている。
それと、私が首痛予防の為に毎晩ヨガをしているのだけど、「寝なかったら、ヨガが出来んくて首が取れて死んでしまう。」と説得したのが効いたのか?

★おもちゃ売り場でおもちゃで遊んでいても「行くで〜」と言うと、ささっとおもちゃを返して付いて来る。
今までだったら、放って先に進む。or好物で釣って移動。

★買い物も難なく出来る。
なんだったら「服見ようよ。」と誘って来る。誘ったフロアがハイミスのフロア。おしい〜。

★食事の準備、後片付けも急にするようなった。

etc.とにかく私に対してはかなりいい子になった。
こんなんならもう1人いてもいいわ〜。と思ってしまうくらい。
3秒後にはブルブルと首を横に振っているのだけど。

どうしたことか?良い子すぎて怖い。

まてよ、もうすぐ来るあれか!?
もしや、まさかとは思うけれど、クリスマスプレゼント欲しさに?
確かに、悪い子としたらブラックサンタが何人も来て連れて行かれると言ってはいるが・・・。
いや、いや、成長したと思う事にしよう。
せめてクリスマスまではそう思う事にしよう。

画像は、買い物中の私を待つ図。
隣はぜんぜん知らない子です。
神戸の人は分かると思うけど、国際会館のあそこです。
あの階段、買い物中の親を待つ子どもが良く座っているのだけれど、
私:「ちょっと見ていい?」
チビ:「いいで〜」
店の前で別れて(『4歳児と店の前で別れるな!』って聞こえてきそう・・・。)しばらくして店の前に戻るとこの状態になってた。

2013120101.jpg

久々に登場!カメ子さん。
カメ子には厳しい冬がやって来た。
毎日、日中は湯たんぽ、夜は赤外線で暖めているのだけれど、今年の冬は今までより心配しなくてすみそうだ。

というのも、かなり活動的だから。
今までちょっと寒くなると、部屋に籠って動かなくなっていたのだけれど、今年は(もう結構寒いのに)動き回ってエサをがつがつ食べている。
カメフードが大好きで近くに行くと「ちょーだい!!!」アピールがすごい。

今年のクリスマスでうちに来て3年目になるけれど、最初は冬眠させると寒すぎて死んでしまうからと、ペットショップから持ち帰るときも箱の下に貼るカイロを貼って連れてかえってきたのに・・・。
最初はエサのトレーの半分くらいだったのに、今や完全にトレーの蓋状態。

このまま行くと、水槽をサイズアップしないといけない日が来るのも近い!?
というか、ここで飼えるのにも限界がある。
30cmくらいになるらしいから・・・。
王子動物園にいた同じ種類のカメ、あんなんになったらどうしたらいいのか。
ペットショップに引き取ってもらっても、もう会えなくなるのは寂しい。
動物園に引き取ってもらうか?
あまりの成長率に最近そんな心配をしている。
元気に大きくなるのはいいのだけれど、そんな急いで大きくならんくてもいいのに・・・。
↑同じ事、誰かさんにも言ったわ・・・。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。